2008年05月16日

介護事務のしごととは

医療事務と近い仕事で、介護事務という仕事も、最近注目を集めていますね。医療事務と同じく、就職先が日本全国どこにでもあるし、介護保険はなくならないでしょうから、かなり安定した仕事といえるのではないでしょうか。

介護事務は、介護福祉の業界で分譲報酬の請求や保険点数の計算を行う専門家です。介護保険事務、ケアクラークなどと呼ばれますが、実は介護福祉業界では、本来ケアマネージャー(介護支援専門員)の業務範囲とされていたこの仕事。

高齢化が急速に進む中、介護保険の利用者に対してケアマネージャーが圧倒的に不足気味で、事務作業が手薄になってしまったことから、急遽専門職が登場したという舞台裏があったのです。そのため、仕事ではケアマネを始め現場のスタッフとの連携が不可欠です。
点数計算の方法だけでなく、介護保険制度や福祉制度そのものに対する知識も求められます。ワークスタイルの柔軟性は医療事務と同様ホームへルパーステーション、老人介護施設などが主な職場です。
皿洗い バイト バー バイト セキュリティ バイト
posted by 事務 at 18:01| Comment(43) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。